ビジ助channel

ビジ助はスターティアの登録商標です。

  1. TOP
  2. サービス
  3. BiziSUKE 教育支援サービス

サービス

パソコンスクールが一律20%OFF

BiziSUKE 教育支援サービス

BiziSUKE 教育支援サービス

社員教育や新人研修をお考えなら『BiziSUKE教育支援サービス』をご活用ください。
大手パソコンスクールの「Winスクール」と提携し、20%OFFで各種講座を受講することができます。
社内で研修時間が取れなかったり、実践的なスキルを教える人材が不足している企業様などに大いにご活用いただけます。
また、全国約60箇所の教室がございますので社員の勤務地や居住地に合わせて最寄りの教室で受講が可能です。
ビジ助教育支援サービスでは、助成金を活用して更にお得にご利用いただけるプランと、助成金は活用せずに柔軟にスケジュールを組める2つのプランがございますので、貴社に合わせたプランを選択することが可能です。

こんな企業様にオススメです

  • 幅広い研修を受講させたいが柔軟に対応できるプランが見つからない
  • 社員の育成を考えているが社内で教えられる人がいない
  • 新人研修をしたいが時間もコストも節約したい

BiziSUKE教育支援サービスの魅力

  • ①幅広いソフトウェア講座

    幅広いソフトウェア講座

    Officeソフト(ワードやエクセルなど)からWebデザイン、プログラミングやCADまで、様々なソフトウェアの講座を幅広く開講しています。

  • ②プロによる少人数指導

    プロによる少人数指導

    少人数によるきめ細やかな指導を行う事が可能です。

ビジ助加入者は教育支援サービスの利用がこんなにお得になります!

ビジ助加入者は教育支援サービスの利用がこんなにお得になります

ビジ助にご加入いただきますとOfficeソフト(ワードやエクセルなど)からWebデザイン、プログラミングやCADまでWinスクールのすべての講座を約20%OFFで受講することができます。
講座は1回からでも割り引きが可能なので自由にスケジュールを組んでお得に受講できます。

※割り引きはWinスクールの講座に限ります。

受講可能な講座

機械CAD・
メカニカル3DCAD
  • AutoCAD(機械)
  • 3DCAD(機械)
  • CATIA
  • SolidWorks
  • NX
  • Creo Parametric
建築・設備・
土木インテリアCAD
  • AutoCAD(建築)
  • Jw_cad
  • 3DCAD(建築)
  • VectorWorks
  • CADWe’ll Tfas
WEBデザイン・
WEBプログラミング
  • Illustrator
  • Photoshop
  • ホームページ制作(HTML・CSS)
  • JavaScript&jQuery
  • WordPress
  • PHPプログラミング
グラフィックデザイン・
映像デザイン
  • Illustrator
  • Photoshop
  • InDesign
  • Premiere Pro
  • After Effects
プログラミング・
IoT・AI
  • Java・WEBシステム開発
  • Python・IoT・人工知能(AI)
  • スマートフォンアプリ開発
  • C言語・組込みシステム開発
ネットワーク
  • ネットワーク構築・CCNA
  • サーバー構築・LPIC
Word・Excel・
パソコン資格
  • Excel
  • Word
  • PowerPoint
  • Access
  • マクロ/VBA

さらに「人材開発支援助成金制度」を活用すればお得にご利用が可能です!

  • 通常プラン(好きな授業を選べる)
    ※助成金の活用不可

    学習したい講座だけを選択して受講でき、ご自身で日程を選択して受講日を決めることができるので柔軟にスケジュールを組むことが可能です。
    お一人様から受講可能です。

    ※ビジ助加入割引(20%OFF)のみの適用になります。

  • 助成金プラン(Winスクールとスケジュールを決定する)
    ※助成金の活用可能

    ビジ助加入割り引き(20%OFF)と合わせて活用することで更にお得に受講が可能です。

    ※人材開発支援助成金の受給には助成金申請後の認定までに約1ヶ月を要することや受講スケジュールをあらかじめ決めておくなどの条件がございます。

    ※詳しい条件は最寄りのハローワークや労働局へにお問い合わせください。

人材開発支援助成金とは?

人材開発支援助成金とは厚生労働省が所管する返済不要の支援金を指します。
会社が労働者に対して職業訓練などを計画的に受講させることで訓練にかかった費用や訓練期間中の労働者の賃金の一部が助成されます。
下記の条件を満たせば、どの企業でも受給できるため、適切に活用することでコスト削減に役立てることができます。

人材開発支援助成金の条件

  • 厚生労働省の定める申請書類を提出し、認定を受理した上で研修を実施する
  • 1コースの訓練時間が20時間以上(特定訓練コースの場合は10時間以上)である

※「人材開発支援助成金」の詳細は厚生労働省の下記のサイトをご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

※その他の詳しい条件は最寄りのハローワークや労働局にお問い合わせください。

人材開発支援助成金の助成額について

訓練コース

人材開発支援助成金は「特定訓練コース」「一般訓練コース」があります。

特定訓練コース 採用5年以内で、35歳未満の若年労働者への訓練
一般訓練コース 上記以外の労働者に対する訓練

1人1コース当たりの助成額

支給される助成額は研修費用について助成される「経費助成」と所定労働時間内の受講し研修時間に対して助成される「賃金助成」があります。

訓練コース 中小企業 大企業
経費助成 賃金助成 経費助成 賃金助成
特定訓練コース
※下段は生産性要件を満たす場合
受講料総額の
45%
1時間あたり
760円
受講料総額の
30%
1時間あたり
380円
受講料総額の
60%
1時間あたり
960円
受講料総額の
45%
1時間あたり
480円
一般訓練コース
※下段は生産性要件を満たす場合
受講料総額の
30%
1時間あたり
380円
受講料総額の
45%
1時間あたり
480円

生産性要件とは?

受講によって生産性を向上させた会社に対して助成額が引き上げられるための要件を指します。
以下の計算式から算出される生産性が3年前に比べて6%以上伸びている事を条件に助成額が引き上げられます。

生産性要件

受給までの流れ

  1. 受講申込
  2. 助成金利用の
    申請提出
  3. 申請の認定
  4. 受講初日
  5. 研修修了後
    支給申請
  6. 助成金受給

ビジ助教育支援サービスをうまく活用しましょう!

ビジ助教育支援サービスを利用して社員教育にかかるコストを抑え幅広い実践スキルを身につけることが可能です。
貴社にあった講座が必ず見つかるはずです!