1. TOP
  2. サービス
  3. PCパトロールBOX

サービス

PCパトロールBOX

中小規模事業者の情報セキュリティ対策・労務管理をもっとラクに。
パソコンの操作履歴の収集、情報漏えい対策をサポートする情報セキュリティ対策製品。

こんなお悩みはございませんか?

  • 情報漏えい対策ができていない…
  • 情報セキュリティの専門の担当者もいないけどどうしたら良いの?
  • マルウェアの対策ってパソコンのウイルスソフトだけでは不十分なの?
  • 外部からのUSBから情報をそのまま取り込んでて大丈夫?
  • IT資産情報や労務管理をもっと手軽に管理したい
  • 改正個人情報保護法にどう対応したらいいの?

資産管理・情報漏えいの
リスク対策は
スターティアにお任せください

  • POINT1
    充実した情報漏えい防止機能と効果
    「PCパトロールBOX」はパソコンの設定や稼働状況を見守ることで情報漏えいリスクの軽減ランサムウェア感染リスクの軽減労務状況の可視化をサポートする、機器設置型の情報セキュリティ対策製品です。

    【機能①】操作禁止
    WEBサイト閲覧・書き込みの禁止などの機能によって、情報漏えい事故・事件を防止します。
    【機能②】操作監視
    パソコンの稼働・操作履歴の取得は、不正への「抑止力」となり、従業員のモラル・意識の向上に役立ちます。
    【機能③】レポート・アラート
    監視対象PCの操作履歴をレポートやグラフで確認できます。禁止事項発生時のアラートメールは情報漏えいの早期発見・原因究明につながります。
    【機能④】IT設備管理
    監視対象パソコンのシステム関連の情報を自動収集し、効率的なIT資産の管理とライセンスの適切な管理が可能となります。
  • POINT2
    中小規模事業者の強い味方
    資産管理に必要な内容がパッケージになっている為、お客様側での細かい設定が不要で、パソコン50台以下の小規模ネットワークの事業者が最初に始める情報セキュリティ対策としておすすめです。
    設置したその日から運用が開始でき、導入コストも安価で、シンプルな管理画面で操作できるため、パソコンに不慣れな方でも安心してご利用になれることが本製品の大きな特徴です。
    データがグラフや視覚的にわかりやすい形で表示されるところや、違反が起きた時にリアルタイムでアラートメールが送信される点も、管理者としては嬉しいポイントです。
    経理部のみ、人事な部のみなどの限られた部門のみの部分導入も可能です。
  • POINT3
    2022年4月に個人情報保護法が改正されます
    2022年(令和4年)4月に改正個人情報保護法が施行され、情報漏えいが発生した時の対応が変わり、本人への通知、監督当局への報告が義務化されます。
    新法では特に法人への罰則が厳しくなり、違反内容によっては最大1億円の罰金が科せられることも…
    情報漏えいが起きた際、その原因や影響範囲を特定するために、パソコンの操作履歴が重要な鍵となります。
    中小企業も罰則の対象になりますので、企業として日々のパソコンの操作履歴を収集できる体制を整えておきましょう。
    「改正個人情報保護法に、どう対応していけば良いの!?」というお客様にスターティアが解決策をご提案いたします。

よくある質問・注意点

推奨設定のパラメータシート(ご利用開始に必要な諸情報の一覧)を事前にお渡しいたしますので、そちらからご確認いただけます。お客様に合わせたカスタム設定も可能です。

禁止事項発生時にリアルタイムで管理者へアラートメールを送信する設定が可能です。

1ID単位でライセンスの追加が可能です。ライセンスの追加は都度見積となります。

基本的にPCの動作に影響の無い範囲で稼働しますが(1か月の操作ログは多くても500MB程度)、本製品の取り付け後に急激に動作が遅くなるなどの挙動を起こした場合は、サポート窓口までご連絡ください。

お客様にてご導入されているウイルス対策ソフトがPCパトロールBOXライセンスをウイルスと判定し、攻撃することがございます。
対処法なども含めてこちらの制限事項をご確認ください。

Windows OSのみが対象です。Mac、Chromebookなどは対象外です。

他サービス紹介