1. TOP
  2. サービス
  3. ビジ助でんき 特割プラン

サービス

2020-05-07 11:05:28
電力自由化で電気代をお得に!

ビジ助でんき 特割プラン

電力自由化で電気代をお得に!

2016年4月より電力の小売り完全自由化が始まりました。
電気の供給元や設備は変わらずに、請求を変えるだけで電気代のコスト削減が可能になります。

電気使用状況の確認はこちら

ビジ助でんきが選ばれる理由

その1電気代が安くなる

なんで安くなるの?

電気代が今よりも安くなるのは、お客様の使用状況と現行電力会社・現行プランと比較して最適なプランをご提案しご利用いただけるためです。これによって毎月かかる電気料金を確実に削減します。 詳しくは「ビジ助でんきについて」をご覧ください。

ビジ助でんきについて詳しくみる (ページ下部にスクロールします)

コスト削減イメージ

個人事業主様
個人事業主様

小規模従業員数:1~2名程度

年間で5,508お得に! 月額17,467円 → 17,008円(459円削減)
  • エリア:東京電力管内
  • 現状提供会社:東京電力相当
  • 契約容量・使用量:40A・600kWh
法人様
法人様

小中規模従業員数:2名~

年間で12,852お得に! 月額30,267円 → 29,196円(1,071円削減)
  • エリア:東京電力管内
  • 現状提供会社:東京電力相当
  • 契約容量・使用量:6kVA・1000kWh
各種店舗様
各種店舗様

各種従業員数:店舗による

年間で40,248お得に! 月額77,266円 → 73,912円(3,354円削減)
  • エリア:東京電力管内
  • 現状提供会社:東京電力相当
  • 契約容量・使用量:10kVA・2500kWh

ビジ助とセットでさらにお得♪

ビジ助を同時にお申込みいただくと

切り替え初期費用0 さらに、月額基本料金10%OFF(従量電灯のみ)

その230分単位での使用状況を把握できる

使用状況の可視化、使い方の特徴を把握し、
環境エネルギーに対する配慮や適正化などにつなげることができます。

使用料の多い時間帯をチェックして共有することで節約のよびかけにも!

使い方のマニュアルをご用意しております

その3請求書をひとまとめにできる

各電力会社ごとに複数ある請求書をひとまとめにできます

その4訪問サポートを受けられる(オプション)

このようなトラブルはありませんか?

スターティア訪問サポートなら、トラブルの際も安心!

ご利用イメージ
解決方法
①復旧調査

再起動・ケーブルの抜き差しなど、
まずは原因究明のための軽微な作業

②サービス保守内で復旧サポート

スターティアの各サービスに
付帯する保守サポートで問題解決

③他社サービス問い合わせ

他社様からの導入サービスが原因の場合、
お問い合わせ先をアドバイス

ビジ助でんきについて

ビジ助でんきの供給の仕組み

現状と同じ品質の電気をご利用いただけます

小売部分をビジ助でんきが担当し、送配電については現状の送配電事業者がおこなうため電気の品質は現状のままです。
同品質

停電が増えることは
ありません

請求一本化

複数の請求を
おまとめできます
※当社サービスの請求書のみ

窓口一本化

ITインフラを
含めた
問い合わせ窓口を
一本化します

コスト削減

電気代が
安くなります

低圧/高圧に対応

設備の規模などによって最適な契約区分をお選びいただけます

低圧電力(従量電灯・動力)

一般事務所/店舗/商店/家庭など

高圧電力

中小ビル/中小規模工場など

特別高圧電力

大規模工場/デパート/オフィスビルなど

全国にサービス提供可能

全国にサービス提供可能

は全国に対応しています

※沖縄・一部離島は対象外となります

導入についてのご案内

供給までのながれ

お申込みから次回または次々回検針日にて自動切換え(1~2ヶ月)※電力が止まることはありません

導入後の対応方法

停電時

お客様先と周辺の電気が消えている場合

台風や落雷などの設備故障、地域一体の停電の可能性
当社窓口または一般送配電事業者にて対応

お客様先のみ電気が消えている場合

アンペアブレーカー、回路ブレーカー、漏電遮断器、の確認
電気工事店での対応(あてはまらない場合、一般送配電事業者へ連絡)

対応窓口

0120-590-030(導入後の問い合わせ、料金・請求関係)

ご希望のお客様には

ITインフラのコンサルティング(導入後の問い合わせ、料金・請求関係)

よくあるご質問(Q&A)

Q1電力自由化により何がかわるのですか?

A1電力会社の選択が可能になります。 各事業者が自由競争をするために創意工夫を凝らすことで、サービス種別や内容が多様化し、料金メニューの幅が広がります。

Q2電力切替の手続きと期間は?

A2お申込み受付から、1週間~1ケ月程度です。手続きは弊社で行います。 切替に要する期間は、スマートメーター工事済みで1週間~、取替工事が必要な場合で2週間~です。検針日の兼ね合いや取り付け工事の関係で、多少の前後が発生する場合があります。手続きは弊社にて行います。

Q3テナントビル・集合住宅ですが切替は可能ですか?

A3各個別で契約されている場合は可能です。 お客様ご自身で、個別に電力会社と契約している場合は可能です。一括受電をしているマンションの場合は切替できないため、営業担当にご相談ください。

Q4仕入れができず停電がおきたりしないですか?

A4調達できずに停電がおこることはありません。 万が一、弊社が必要な電力の調達ができない場合でも、一般送配電事業者が不足分を供給するため、停電することはありません。

Q5万が一、倒産した場合はどうなりますか?

A5一般電気事業者の契約にもどります。 弊社が倒産した場合の契約は一般電気事業者に移行いたします。料金の割引はなくなりますが、電気の供給が止まることはございません。

Q6現在の契約を解除する際に解約金は発生しますか?

A6発生する場合があります。 主にオール電化住宅や事務所等でご契約の場合、解約金が発生する場合がございます。現在ご契約の電力会社にご確認ください。

Q7事務所に新しい電線が引かれるのですか?

A7いいえ、今までどおりです。 一般送配電事業者の管理・運営する既存の送電線・配電線を経由して電気を供給しますので、新しく自宅に電線が引かれることはありません。

Q8停電や電気品質は問題ないですか?

A8今まで全く同じ品質です。 今までと同じ送電線・配電線を使用するため、電気そのものの品質は変わりません。停電リスクも同様です。

Q9停電がおこったら問い合わせはどこにすればよいですか?

A9弊社へお願いいたします。 停電に関するお問合せは弊社へお願いいたします。送電設備が原因の停電は、一般送配電事業者しかわからないこともございますのでご了承下さい。

Q10新築の電線引き込みはどこに依頼すればよいですか?

A10一般事業者へお願いいたします。 送配電設備は一般送配電事業者の管轄になります。一般送配電事業者への申込みは弊社からでも可能ですのでお声がけください。