1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. Instagram広告の費用ってどのくらい?

お役立ち情報

2020-07-22 11:12:22

Instagram広告の費用ってどのくらい?

SNS

 

インスタグラム広告の出稿を検討している方で、まずはじめに気になるところは予算かと思います。
企業予算が組まれている場合、その中で何とか効果を出さなければならないでしょう。
まずは費用相場を把握し、どれほど効果があるか見ていきましょう。

広告を出す際にかかる費用相場とは?

結論からお伝えすると、インスタグラム広告は安価で効果を期待でき、予算に合わせて決めることができます。
まず、広告を出す方法にもよって最低相場が異なります。自社で行う場合と代理店にお願いした場合をご紹介しましょう。

自社で行う場合

インスタグラム広告を自社で行う場合、最低月額3万円から始めることができます。
インスタグラム広告の魅力の一つに低予算で始められることが挙げられますが、
あまりにも費用が少ないと広告配信量が制限されてしまうため効果が見えにくくなってしまいます。
広告費として最低3万円~、日額1000円は確保したいところです。

代理店にお願いした場合

どの広告媒体もそうですが、代理店にお願いした場合に運用費として必要になるのは、広告費の20~40%程度です。
例えば、月50万円かけるなら、運用費は10万円(予算50万円×0.2)となります。
つまり、予算プラス代理店にお願いする費用も掛かるため、月60万円の費用がかかるというわけです。
ここで注意すべきことは代理店によっては、条件によって運用費が異なることです。
サポートの手厚さで費用はピンキリですので、
何社か見積もりをもらって検討することをお勧めします。

目的によって予算が変わる?!

インスタグラム広告を出す際に、目的によって費用相場は変わります。では、どんなケースがあるのかご紹介いたします。

「認知獲得」の目的の場合

認知獲得のためには、ある程度の費用が必要となります。
なぜなら、多くのターゲットユーザーに認知してもらわなければならないからです。
そのため、広告を出して認知度に効果を感じられる予算としては、月額数十万円~数百万円の費用が必要となります。
これは施策内容にもよりますが、大まかな予算として提示しています。
しかし、冒頭でもお話しましたが、企業によってはそこまで予算がない、低予算で最大限効果を出したい、ということもあるかと思います。
その場合は、「ターゲットを絞る」という施策を考えましょう。
≪誰に・どんな人に知ってもらいたいか≫を明確にし、ターゲットを作り上げることがとても大切です。

「コンバージョン獲得」の目的の場合

認知獲得の目的よりも、コンバージョンの獲得目的の方が、低予算でも効果を感じることはできるでしょう。
キャンペーンへの応募、アプリのダウンロード、商品購入などのコンバージョン獲得を目的とする場合は、
広告配信単価をしっかり決めてしまいましょう。

さらなる流入を狙うのであれば、ある程度の予算が必要となります。
例えば、ダウンロードした人が友人に勧めて、友人がまたダウンロードすることや、広告を見て応募した人がSNSに投稿しなおし、
また友人がその投稿を見て応募する…というような拡散を、「オーガニック流入」と言います。
このオーガニック流入の頻度が高まると、広告の効果はさらに高まり、コンバージョンの獲得、そして認知度も高くなる可能性もあります。

インスタグラム広告費用は課金方法によって違う?!

インスタグラム広告には4種類の課金方法があります。
それぞれの目安の設定料金、概要、料金が発生するタイミングも異なりますのでご紹介します。

CPM:フィードに1000回表示された場合=0.5~1円
CPC:広告が1回クリックされた場合=40~100円
CPI:広告経由でアプリがインストールされた場合=100~150円
CPV:動画がほとんど再生された場合/10秒以上再生された場合=4~7円

① CPM
CPMとは、インプレッション数に応じて料金が発生します。
ユーザーのフィード、タイムラインに広告が1000回表示されると0.5~1円課金されます。
1人でも多くの人に広告を見てもらいたいという、認知拡大目的を達成するのに効果的です。

② CPC
広告が1回クリックされるたびに料金が発生します。
商品購入やアプリダウンロード、キャンペーン応募ページへの誘導が目的の場合に効果的です。
この手法はWEB広告の中でもスタンダードな課金方式です。

③ CPI
広告経由でアプリがダウンロードされると料金が費用が発生します。
これは説明通り、アプリのダウンロードを目的とした広告に効果的です。
インスタグラムの場合、スマートフォンユーザーが多く、アプリ広告との相性がとても良いです。

④ CPV
動画が10秒以上された場合(合計秒数でも課金)料金が発生します。動画広告は内容を見てもらうことが重要なので、CPMよりも再生数によって料金が発生する手法の方がおすすめです。

効果を出すためには知っておくべき4種類の広告

やるとなれば、予算に関わらず効果を出したいですよね。それには、費用対効果が高い商品に合った手法を選ぶのことが必要です。
インスタグラム広告の手法によってもそれぞれ特徴があり、それらの特徴をよく把握し、商品と目的とが合った物を選ばなくてはなりません。
では、どんな種類と特徴があるのかご紹介します。

フィード広告

最も定番で基本的な広告として写真を表示する手法です。
写真の推奨サイズは正方形ですが、その他にも縦長、横長の長方形の画像を使用することが可能です。
写真広告でも、アプリのダウンロードリンクやウェブサイトへのリンクを掲載することが可能です。

カルーセル広告

複数枚の画像を表示させる手法です。
アプローチとしては、ハウツーコンテンツのような複数枚の写真を使う方がより効果的ですが、
カルーセル広告ではサイズ制限があり、正方形の画像しか使用できませんので、注意して作成しましょう。

動画広告

ゲームアプリやダイエット動画・料理動画アプリなどの広告と相性がいいのは、動画広告という手法です。
最大30秒の動画を流せる広告で、使用方法や使用感のイメージなども想像しやすい広告です。
リンクへの誘導、ダウンロードの誘導にも効果的です。

ストーリー広告

タイムラインではなく、ストーリー内で投稿が表示されるため、ユーザーには自然に目につく広告を表示させることができる手法です。
ストーリー広告には、目的によって広告のターゲットを設定できる機能があり、目的としては再生数アップ、コンテンツへの流入、
アプリのインストール、リーチ、ブランドの知名度アップなどが対象となります。
ストーリー広告は15秒の動画が使用でき、動画広告とは異なりスマートフォン画面を最大限に使った画像を使用できるようになっています。

広告費を約800万円削減も?!

弊社の事例ではありませんが、広告の成功ケースをいくつかご紹介します。

某化粧品会社の事例

ある大手化粧品会社では、テレビCMとインスタグラム広告を同時配信し、それぞれの効果を比較しました。
その結果、インスタグラム広告を使うことで、1か月の広告費をCMに比べて約800万円も削減できたことが明らかになりました。

ターゲット条件はこちら。
・関東地方に住んでいる18~29歳の女性で化粧品に興味がある人

施策としては、ターゲットの注目を効果的に集めるために商品メインの広告を配信したところ…
・200万人にリーチ
・購入意欲が7.3%上昇
・ブランド好感度が9.8%上昇
・テレビCMとして比較してリーチ単価が86%減
という結果となりました。

東京キー局でのCM放映となると、18~29歳の女性へリーチするには1か月で約930万円もするそうです。
そして、テレビCMとなるとターゲット以外の人にもリーチしてしまうため、無駄なコストがかかり、効率的ではありません。
ですが、インスタグラム広告の場合は、ターゲット設定した上で配信が可能なので、効率よく、
費用も必要最低限で広告を打ち出すことが可能です。
この事例の場合も、インスタグラム広告では86%の広告費を削減でき、月130万円ほどに抑えることができたと判明しています。

某旅行情報アプリの事例

某旅行会社情報アプリの企業は、モバイルアプリのインストールとコンバージョン最大化を目的として、インスタグラム広告を開始しました。
こちらの企業の場合は、Facebookとインスタグラムの広告の比較を行いました。

施策としては…
配信先:Facebook、インスタグラム
広告内容:広告内容ABテスト
     A Facebookは既存素材 インスタグラムは新規素材
     B Facebookは既存素材 インスタグラムも既存素材

結果として、
Aの「インスタクラムは新規素材」の方が、コンバージョン獲得単価65%低下、そしてインストール獲得単価54%低下しました。
この場合、より効果的な自動配置を活用し、インスタグラムに最適な素材を使用したことによって、
インスタグラムへの配信量、獲得も飛躍的に伸びたという結果がわかりました。

結婚情報サービス企業の事例

某結婚情報サービスを行う企業は、従来からインスタグラム広告を活用していました。
しかし、よりリーチ拡大を図るため、ストーリー広告も取り入れたところ、より効果的な結果が現れました。

ターゲット条件:23~29歳の女性

施策としては…
すでにアプリをダウンロードしているユーザーと似た人たちへのリーチを拡大すべく、
従来通りインスタグラムの写真広告に、ストーリー広告を追加しました。

結果として、
ストーリー広告を使用したところ、獲得アクション数が2.1倍、ダウンロード数3.1倍、ダウンロード単価も37%低下、
さらにはクリック率も4倍に伸ばすことができました。

ストーリー広告には、ユーザーとの距離を近くする効果や豊かな動画表現力の効果があり、その特徴を活かして、
これまでリーチできなかったターゲット層にアピールすることができ、期待以上の結果を残すことができたということでしょう。

このように、インスタグラム広告は広告費を削減できる上に、費用対効果も高く期待できる広告と言えます。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今まで無駄に使っていた広告費を削減し、さらに結果として残せたら文句なしですよね。
自社で行う場合は最低相場の月3万円でも、うまく運用できれば効果は期待できます。
まずは一度インスタグラム広告を使ってみてはいかがでしょうか。

Webマーケティング部

ホームページを作りたい、新規のお客様を集客したい、ホームページを活かしきれていない気がする、広告に興味がある・・・
スターティアのWeb専門スタッフ陣が、Webに関するどのようなご相談でも無料でお受けします!
お気軽にお問い合わせくださいませ!

運営サイト

画像

おすすめのお役立ち情報

【実証】Webサイトの命運を左右するコンテンツの質と量
2020.07.17

【実証】Webサイトの命運を左右するコンテンツの質と量

HP制作の定番、WordPressの初心者が陥りがちなミスとは?Part.2
2020.07.30

HP制作の定番、WordPressの初心者が陥りがちなミスとは?Part.2

HP制作の定番、WordPressの初心者が陥りがちなミスとは?Part.1
2020.07.28

HP制作の定番、WordPressの初心者が陥りがちなミスとは?Part.1

あなたのサイトは良いサイト?ダメなサイト?かんたん診断!
2020.07.09

あなたのサイトは良いサイト?ダメなサイト?かんたん診断!